2017/10/07

〜実は、一番大切なこと〜

みなさんのクリック 元気の源 です
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
クリックよろしくお願いします







悲しぃぃ... 土曜出勤

昼休み長めにもらってのジョグ
IMG_9360.jpg





さて「3へのアプローチ」〜 一番大事なこと〜 について

月間300km走るというのはやはりそれなりの負荷が伴う。

なので、トレーニングと同じくらい気をつけたのは


「怪我をしないこと」である。


〜 怪我をしないために取り組んだこと 〜

セルフケアと補強運動
・筋膜リリース(ストレッチポールなどで、主に骨盤周辺
 から下半身)

体幹の補強運動
・コロコロローラー腹筋50×2セット
・フロント、サイドブリッジ、アーム&レッグレイズ各1分
IMG_9369.jpg
※①②は毎日行った。今後は柔軟系も行いたい。

休む習慣とバランスのよい食事
・毎日動く習慣があると、休むことが難しい。でも、疲れて
 いたり寝不足だったりでは「 よいトレーニング 」 はでき
 ない。割り切って休むようにした。

・食事は基本バランス良く食べる。気をつけたのは、大盛り
 とか間食とか無駄に食べないように。減量期は脂質少なめ
 の高タンパクを心がけ、糖質は米中心にトレーニング前後
 に摂った。減量はガマンの連続。。自分は急激に落とそう
 とすると体調を崩す。無理しすぎない自分のやり方で行っ
 た方が良い。




〜 怪我をしないフォームや走り方の追求 〜

昨年末に怪我をしてからフォームや走り方を研究し、大きく

変わった点が一つある

あっ!もちろん自分で情報収集して試行錯誤です。。

参考にした書籍

「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー

新品価格
¥1,620から
(2017/10/7 21:08時点)




ブログ村マラソンカテ の方々のブログもたくさん読んだ。

大きく変わったところは、着地がヒールストライクからミッ

ドフットに変わったところだ。以前、ブログでも書いたけど

腰高の真下着地をすると、自然とミッドフットになる(なり

やすい)。骨盤を前傾にすれば体重移動で前に進みやすくな

って、蹴る、踏ん張るの筋肉をあまり使わないで済む(この

姿勢を保つために体幹がしっかりしている必要がある)。

このフォーム変化 → 筋疲労の軽減が、怪我のないフォーム、

走り方につながっているように感じている。




〜 楽に速くの追求 〜

上記の事柄は、長時間動き続けるトライアスロンでも同じで、

それぞれの種目で 楽に速く の「エコノミーな動きの追求」は

続いている。「楽に速く」のポイントがみつかると世界が変わ

ってくる...と思っている(まだまだ見つかっていないけど)。



怪我の一歩二歩手前で「気づける」「やめられる」このあたり

が怪我の予防となり、それが充実したトレーニングへとつなが

るのだと思う。

でも、夢中になってる時って気づけないんだよなぁ .. ..


次回「3へのアプローチ」〜本気度〜

明日も頑張ろう





サブスリーやったね のクリック

頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント