2015/02/07

本気ッ!全力ッ!

みなさんのクリックが元気の源です
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村








今日は仕事でイベント

いつもより早起きしてランパチ(Run 8km)こなして
IMG_4063_201502072036479c2.jpg









そのま BIKEでGo
IMG_4079.jpg





IMG_4076.jpg








イベントは支部あげての大規模なもの

大きなトラブルはなかったけれど、みんなやり終えた満足感とか達成感というものを

どの位感じているのかな〜って思ったりもする



時々、仕事もトレーニングも同じだよなと思うことがあって、日々の小さな積み上げ

がレース(仕事で言えばイベント)では成果として表れる。当日だけ調子よくやろうは

できない。また中途半端な取り組みだったりすると、やり終わった時の満足感は得ら

れない。「どんなレースをしたい(どんなイベントにしたい)」…その想いが強けれ

ば強いほど計画も緻密になるし、日々の過ごし方も違う(内容や集中度、+α)。。



最近よく思う…「本気」になるかならないかで、目標に向けてのみちのり(過程)の

充実度と、そして結果も違ってくる(結果は必ず上がるとは限らないけど、過程での

成長度合いは明らかに違う)。

何事に於いても「何のためにやるのか」をいつも念頭に置くこと!

今まで以上に意識して、自ら実践していきたい









ためになったの記事です

マラソン練習で一番重要でありながらなかなか目を向けないでいる部分というのがマラ

ソンに対しての「考え方」の部分です。例えば、僕が口うるさく何度も言っている「フ

ォームを意識する」ということなんかは、考え方に含まれると思います。やっぱり、あ

なたの今の練習する時間を1分、1秒も変えないで、走る距離も、1kmも100mも

多く走ることなく、決して呼吸ができなくなるほど自分を追い込んで、ぶっ倒れそうに

なる練習をしなくても速くなる方法というのは「考え方を変える」ほかないと思ってい

ます。




つまり、「今のあなたの練習内容、流れを変えずマラソンタイムを伸ばす方法」は存在

するということです。今回、その考え方でも最も重要だと思っていることをお話します

が結論から言ってしまうと…

「今、目の前にある練習を全力で取り組むこと」このようなことなんです。この目の前

にある練習を全力で取り組むという考えを持って、今から練習に取り組むことができれ

ば、今よりも辛い練習をすることなく、もう限界だと思っていた状態から更に5分とか

10分とマラソンタイムを伸ばしていけることができます。ここでいう全力で練習に取

り組むという意味は毎回、全力で走って追い込んで追い込んでぶっ倒れるまで追い込む

ということではありません。60分ジョグであるならば、その60分ジョグのペースが

遅くとも速くとも、その中で出来る全力の考え、力で走るという意味です。




僕は高校時代に「中身のない練習はするな!濃い練習をしろ!」と何度も言われていま

した。中身のない練習とはとりあえず走る。とかなんとなく練習する、という感覚です。

つまり、マラソンのために仕方なく走って練習している、という感覚であったり、もは

や「走らされている」という感覚だったりもします。そんな状態で練習内容が身になる

と思いますか?

例えば、車のトランクにヒモがくくりつけられてあって、あなたはそのヒモをお腹周り

にくくりつけられている状態だとします。つまり、車とあなたがヒモを通じて繋げられ

ている状態です。この状態で、「あー、気分乗らねぇ。休みたい。」と思っているのに

車がいきなり発進して「おいおい、待てよ!」と思っているのにそこから60分にかけ

て嫌々走らされた時の練習と「それではこれから2時間自由な時間とします!あなたの

好きなことに時間を当ててください!」と言われた時に「よし、2時間あるなら、その

うち1時間は走ろう。しかも貴重な1時間だから、しっかりと腕ふりのこと、着地のこ

と、意識すべきポイントをしっかり考えて、レースのこともイメージトレーニングしな

がら走るぞ!」と考えてやった練習。あなたはどちらのほうが力がつくと思いますか?




みな、後者のほうを選ぶと思います。目の前の練習を出来る限り濃い時間にして自分が

できる全てをそこにぶつける、こういった地味なことがあなたを最も成長させることな

んです。

大学時代のコーチからの言葉で「とにかく目の前にある練習を必死に行うんだよ。今、

できることだけを考えて、その時間にできることは全てやる!くらいの気持ちを持って

日々練習しなさい。別に、ペースを上げるとかきつい練習をしろ!ということじゃない

んだよ。30分のジョグであれ、30km走という練習であれ、自分が走っているその

時は、全力で走りなさい。それが今の自分にできる最高の練習だから。」という心に残

っている言葉があります。

この言葉の通りだと思います。

同じ練習をしていても、伸びる人、伸びない人が出て来るのは案外こういった考え方の

違いだったりします。

あなたは走る時間が限られていますよね。その時間を無理に引き延ばしたりせず、今の

練習のまま記録を伸ばすことができるのが一番理想的な形ですよね。そうなるために、

今から走る時の考え方を変えて「今できることに全力で取り組む」という考え方にして

ください。

bch.png
https://www.facebook.com/super777marason?fref=nf









頑張ったご褒美

欲しいもの出てくるYO







ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント